当店で一番お安いプラスチックレンズです

     ● 家の中でかけるだけのめがね

     ● コンタクトをはずして寝るまでにかけるめがね

     ● とにかく見えるだけでいいんだ
  
     ● わんぱくな我が子にはこわれたらすぐ買ってあげたいから

     ● いいのは持ってるけど予備のメガネが欲しいんだ・・・etc.

と、そんないろいろなお考えがあるでしょう

安いといっても基本性能はしっかりもっています

   ①プラスチック

   ②軽い

   ③マルチコート付で、反射防止で表面がぎらぎらしない

   ④ハードコート付で、キズに強い

世の中にはまだまだ安いメガネレンズはあります。

しかしあまりにも安いレンズは創業54年の信用が大事なので取扱いしておりません

   ですので安いと言っても当店で選んだレンズは安心してご使用いただけます


トップにもどる
 

よく使われる やや薄型のレンズです

 

やや薄型といっても 見た感じはけっこう薄いねと言われます

そしてこのレンズがいいところは、レンズ特有の収差(ゆがみ)消しているところです (右図の右側)

薄いということは 軽いし見た目もスマートということです

 

そしてこのレンズは 紫外線を99%防いでくれますので 目のためには最適です

      ● すこし度数が進行した方  

      ● 軽く薄いレンズにしたい方  

      ● 紫外線から目を守りたい方

ぜひこのレンズをお使いください


トップにもどる

視力がだんだんと低下してくると レンズはどんどん分厚くなってきます

よく言うのが 「牛乳ビンの底みたいなレンズ」 (最近牛乳ビン見ませんけど)

 

ほとんどの方は 分厚いメガネが嫌いです 

そして 眼が小さく見えてしまいます (遠視は大きくなってしまいます)

 

そんな悩みを解消してくれるのがこのレンズ

とても薄く仕上がりますので ほとんどの方に喜ばれます

 

またゆがみを大幅に無くした設計のレンズなので 目の大きさも自然に近くなってくれます

いいですよ このレンズ


トップにもどる
 

遠近両用

中近両用

近々両用

近く専用

手元から遠くまで

手元から3mまで

手元から85cmまで

手元のみ

なんでも見える

パソコン・室内が見やすい

パソコン・デスク上が見やすい

書類が見やすい

左右視野が狭い

運転できない

歩きまわれない

パソコンモニターみにくい

 

●パソコンのモニターはおよそ60cmくらいの距離にあります。 

●遠近で見える位置はメガネの下部になるので、図1のようにあごを上げてみる姿勢になります。

●近々では図3のように、レンズの中心部がちょうどモニターが見える位置になります。
よって自然な姿勢で見えて、パソコン作業はサクサクと快適になります。

 

遠近両用は大まかに上図のような配置になっています

メガネの上半分がだいたい遠くを見る部分

そこから下に下がると 徐々に中間(たとえばテレビなど)にピントが合ってきます

更に下がると 手の届くくらいの手元が見える範囲になってきます

 


使い方は 難しく考える方が多いですが 実は簡単。

遠くを見るときは いつも通りみると見えます

近くを見るときは 顔は下げずに 目線だけ下げる 

こうするだけできれいに見えます

 

ほとんどの方が 3日から一週間で慣れてしまいます

 

さてあなたも 遠近両用を使って若い印象で仕事 遊びを楽しみましょう。


●イメージ図としてはこんな感じです。

●運転から近くの作業まですべて出来ます

●長時間の読書 事務作業 パソコンは専用メガネがおすすめです

遠近両用と聞いて皆さんはどのような印象でしょうか?

「老けて見える?」 

 

多くの方がそう言われます

   しかし ほんとうにそうでしょうか?

   右の写真を見てください

 

いずれの方も 老けた印象ですよね

老眼にみえるのは 実はそのしぐさなのです

メガネを上にあげるしぐさ

メガネを下にずらし、鼻メガネにするしぐさ

このしぐさが老眼にみせるのです

 

遠近両用ならばメガネをずらさず、遠くも近くもらくらく見えます

 

実は遠近両用の方が 若々しい印象を作れるのです

●右の方は近眼で、普段遠くを見るためメガネをかけている方です

45才位からはメガネをかけたままでは近くが見えにくくなるのです

しかし メガネをはずせば近くが見える

なのでこのようにメガネを上に上げて近くを見るしぐさが必要になってきます

 

●左の方は 近くを見るときだけ老眼が必要なのです

しかし まともにかけると遠くがぼやけてしまうので 下にずらして

遠くはメガネの上から 近くはずらしたメガネでみるのです

 

 

トップにもどる

中近両用(室内用レンズ)の構造は概ねこんな感じです。

室内にいることが多い方にはこれが最適

美容師さん 事務員さん 調理師さん レジの方 等々室内作業が多い方

一番安い中近両用レンズ エブリCX

室内にいる時間の多い方は遠近よりもこっちがおすすめ!

近くの視野も広くて、事務作業 パソコンも快適! 運転はできません

 

トップにもどる

●近々両用は図のような構造になっています

●レンズの中心部がちょうどパソコンモニターに最適な位置になっています。よって自然な姿勢でパソコン作業ができます

●50才を過ぎてくると、遠近両用ではパソコンがやりにくくなってきます。あごをだいぶ上げた姿勢でないと見えにくくなってきます。 そんな方に近々両用がおすすめです

●手元(30cmくらい)からちょっと先(1mくらい)までが、広々と見えるメガネ ラルゴCX

●キーボードが約30cm  パソコンの画面が約60cm なので パソコンに最適なメガネといえます

●老眼と違うところは、パソコンモニターが綺麗に見えたり、

  テーブル越しの相手の顔が見えるところです (老眼では見えません)

●パソコンのモニターはおよそ60cmくらいの距離にあります。 

●遠近で見える位置はメガネの下部になるので、図1のようにあごを上げてみる姿勢になります。

●近々では図3のように、レンズの中心部がちょうどモニターが見える位置になります。
  よって自然な姿勢で見えて、パソコン作業はサクサクと快適になります。

トップにもどる