高級遠近両の高級な理由を動画でお知らせ
 
一番お安いタイプ それでも充分な視野があります
一番多いタイプ 日常生活には充分な視野を確保できます
最高級タイプです とても視野がひろく 快適です
黄色い部分が物がぼやける部分です。高級なタイプはその部分が狭くなる分ちゃんと見える部分が広くなります
 
 
一般的な遠近両用は、左右の視界にずれがあり、その分視野が狭くなります
 
高級な遠近両用は、かける方の目に合わせて作るので 左右の視界にほとんどずれが生じません なので視野が広い!
 
 
 

新聞やスマホを見る時人間の目は内側に寄ります

しかし度数によって寄り方はさまざま 

遠視系はより内側に  近視系はより外側に 

高級遠近両用レンズは、各度数で設計を変えて左右の見え位置を合わせます

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
HOYAの最高技術を駆使して、一人ひとりに最適な設計で特注します
 
前傾角
耳の高さなどでレンズの傾きは人それぞれ。
それを考慮して、最適な設計を施します
 
頂点間距離
鼻の高さ等により目からレンズまでの距離は人によります
それを測定して設計に組み入れます
 
フレームそり角
フレーム反り角
近視と遠視でそり角を変えます
遠方用と近く用でも変えた方が見え良くなります

お顔のはば等でフレームの反り方が変わります
その角度に最適な設計でお届けします
忙しい現役世代の目は正確さを要求されます 

度数別エルゴノミック・インセット設計

遠視と近視では、近くを見る中心を変えると広い視野が得られます
 

近業目的距離別エルゴノミック・インセット設計

近くで見る事が多い方は、近くの中心を内側に寄せると広い視野
 
離してで見る事が多い方は、近くの中心を外側に寄せると広い視野
 
目の幅の広さで近用中心の位置が変えて作るのでピントぴったり
〈ハーモニー〉は遠方領域、中間領域、近方領域それぞれのバランスを重視した設計です。
視線を動かしたときに感じる違和感が少なく、全領域をスムーズに見ることができます。
 
〈クラリティー〉は遠方領域を広く設定した設計です。
もちろん中間も近方もしっかりと確保されていますので、ご満足いただける視界を提供します。
 
遠近両用レンズは「慣れるまで時間がかかる」とお思いのあなたには、14mmタイプでゆったり視界を提案します。
遠近両用レンズは「小さいフレームで作れない」とお思いのあなたには、11mmタイプでオシャレな目元を提案します。