目にもとまらぬ速さで戦う剣道  本当に速い。

このスピードに目が良くてもなかなかついていけないのに、目が悪かったら絶対無理だと思います。

そこで剣道する時でもメガネをかけましょう。 普通のメガネでは面に入らないし、面のひもを締めると耳の横が痛い。

だから剣道用に開発されたメガネを使って試合で, 昇段審査で好成績をあげましょう。

店長が 平成29年4月30日京都で剣道七段に昇段しました。  剣道の経験談聞きたい方もどうぞ店にお越しください。

天武 初級  一番使われてるタイプ  
剣道以外にヘルメットをつけるスポーツにも応用できます

天武 上級  初級を進化させ
素材にチタンを使用で軽い デザインも一新 かっこいいです

 

幼児や小学2、3年生のお面の中に幅の余裕を残して収まります。面が打たれて押されても空間があり、更にレンズ保持部はフレーム保持部との間がサスペンションの役割をしているので、顔面への打撃を吸収・減免します。また、ヒンジは頭蓋骨のもっとも弱いこめかみの横から、もっとも丈夫な前頭部の前に移し、安全性を高めました。
耳掛けの途中に螺旋部を設け、その螺旋の角度を調整することで、耳掛けの傾斜の調整や左右耳掛けの間隔を調整することが出来ます。耳かけはステンレス・バネ素材の1.1mmの細い棒からできており、耳介(耳たぶ)の付け根に沿う形に曲げてやれば、お面を装着するよう紐を側頭部を縛っても痛くありません。
皆様に愛され、多くの方に使われてきた剣道用メガネ「メンガン」はメーカーの都合により、生産中止となりました。残念ですが、仕方ありません。